校長挨拶

 本学園は,軽度の知的障害のある生徒を対象とした高等部のみの特別支援学校として,平成13年4月に開校し,今年度で18年目を迎えます。また,平成28年4月1日に「障害者差別解消法」が施行され,同時に,障害の有無によらず共に学ぶ教育環境づくりをコンセプトに,柴田農林高等学校 川崎校に本学園の分教室 「川崎キャンパス」が併設され,今年度で,3年生まで揃い完成年度を迎えました。社会の土台となる学校が共存共栄し,その姿を社会に発信していくことで,今の社会が,一歩一歩,共生する社会へと近づいていくものと考えております。

 両校校舎とも県内では初めてとなる「産業技術科」として,生活自立と職場実習を学習の核として教育活動を展開しており,職業的自立を目指した職業教育をとおして,社会に積極的に関わらせ,心豊かで主体的に生きる人間を育てていきたいと考えております。

 そこで,このホームページでは,保護者の皆様方をはじめ,職場実習を受け入れていただいている事業所の皆様方,本校への入学をお考えの中学生や保護者の方々,卒業生や地域の方々に向けて,学校行事や生徒の活躍など,日々の教育活動の様子をリアルタイムに発信してまいりますので,今後ともご理解とご支援を賜りますよう,よろしくお願い申し上げます。

平成 30年 4月 1日
宮城県立支援学校岩沼高等学園
校      長  菊 地  茂  克