お知らせ

NEW 令和7年度入学志願者教育相談について 2024/06/06

詳しくは右こちらをクリックしてご覧ください!

申込みは右こちらををクリックして必要事項を記入してください。

重要第2志望選考制度(スライド合格)を希望する場合は、本校と川崎キャンパスの 両方の教育相談を受けてください。

 

NEW 令和6年度オープンキャンパスについて 2024/06/06

詳しくは右こちらをクリックしてご覧ください!

申込みは右こちらをクリックして必要事項を記入してください。

 

同窓会総会について 2024/05/22

詳しくは右こちら.pdfをクリックしてご覧ください! 

 

 令和6年度 宮城県立支援学校岩沼高等学園 学校見学会のご案内について 2024/05/07

インフォメーションR6 学校見学会案内左詳しくはこちらクリックしてご覧ください。

インフォメーションR6学校見学会申込書左詳しくはこちらクリックしてご覧ください。

インフォメーション見学中の諸注意左詳しくはこちらをクリックしてご覧ください。

新着
岩沼ダイアリー

岩沼diary

寄宿舎 地域清掃

 5月の連休明けから、グループに分かれて学校周辺の清掃に取り組んでいます。毎年実施している活動で、奉仕の精神を養うことを目的に行っています。場所によってはゴミが多く落ちているところもありましたが、皆で協力しながらきれいにすることができました。終了後には、水分補給をしながら清掃をやってみての振り返りを行い、次の活動に繋げています。今年度は11月まで、定期的に活動を行う予定です。

卒業生が、職場の方と来校しました。

今年の3月に卒業した卒業生が、職場の方と一緒に学校を訪問してくださいました。職員室で先生方に挨拶した後、照れくさそうに自分の名刺を先生方に渡している姿は微笑ましかったです。入社して3ヶ月、大人になり成長した姿を見て先生方は笑顔いっぱいでした。

6/2(日)障害者スポーツ大会陸上競技参加(仙台市陸上競技場)

6/2(日)障害者スポーツ大会陸上競技参加   

 標記大会に陸上競技部員が参加しました。この大会は障害をもつ選手が主役になり、体力の維持・増進を図り、スポーツの楽しさや喜びを実感し交流の輪を広げるといった目的で、毎年行われています。

 参加した2,3年生は職場実習の合間の参加となり、練習や調整の時間が限られていましたが、各種目で気持ちを最大限集中させ競技に挑み、好成績を残しました。

<100m> 

3年佐藤健琉13"33(組1位/8人中,向かい風1.1m),2年石川竜太朗13"33(組1位/8人中,追い風0.2m)
<200m>

木村光希24"68(組1位/4人中)

<1,500m>

3年湯田涼介5'25(組3位/8人中), 3年大場空5'35(組2位/7人中), 2年佐藤涼太5'39(組6位/8人中),

2年大場在真6'24(組3位/7人中)

<立幅跳>

2年石川竜太朗2m52(組1位/5人中),2年木村光希2m23(組3位/5人中),2年大場在真2m09(組4位/5人中)

3年湯田涼介1m91(組2位/6人中), 2年佐藤涼太1m26(組6位/6人中)

<走幅跳>

3年佐藤健琉5m31

<4×100mリレー>

1走:湯田涼介,2走:大場空,3走:木村光希,4走:佐藤健琉 組6チーム中1位

 

【岩学(いわがく)・農(の)・ダイアリー VOL.8】

【岩学(いわがく)・農(の)・ダイアリー VOL.8】 カブトムシ由来の肥料を作る 令和6年5月31日

 

『概要』

・カブトムシ幼虫の糞を用いて、岩学オリジナルの有機質肥料(以下、ビートルコンポスト)を作りました!

・ビートルコンポストは、地球にやさしく、野菜を美味しくします!

 

 2年生の農業では、野菜や草花の栽培に加えて、カブトムシの飼養を行い、地域資源を活用した持続可能な農業と地域交流を実践しています。

 これまで、長期休業中は生徒が幼虫を持ち帰り、学校では授業の中で飼養管理の他に観察や体重測定を実施し成長を見守ってきました。

 さて、カブトムシ幼虫の飼養にはマットが必要です。私たちは、岩沼市にある(株)一路 様からキクラゲ栽培に用いた廃菌床を譲り受け、マットとして活用しています。幼虫を健康的かつ理想的な体重にするため、月1回のマット交換を行ってきました。使用済みのマットをふるいにかけ、糞を取り除いたものと新しい廃菌床とを半々に混ぜて使用しています。これまで住み慣れたマットに栄養を添加することで、幼虫はストレスを抱えずに、成長が促進されます。

 近年、化学肥料が高騰し、数年前の倍近くの価格で販売されています。化石燃料や鉱物等の枯渇性資源から合成され、ほぼ全量が海外由来のものであり、世界的な需要の増大やロシアのウクライナ侵攻により輸出が停滞していることが高騰の要因とされています。現在、日本政府は化学肥料を減らす取り組みを支援し、国内資源を活用した資源循環的な農業に転換するための1つの手段として有機質肥料の使用を推奨しています。

 当校では、生徒が農業を取り巻く社会情勢を理解し、我々ができる課題解決策として、先日、幼虫糞を用いたビートルコンポストの作成に取り組みました。動物由来の原料(カブトムシ糞、鶏糞、魚粉、骨粉)と植物由来の原料(油かす、米ぬか、草木灰)、そして、発酵促進材(水、ヨーグルト、納豆、イースト、砂糖を混ぜ、発酵させたもの)を混ぜ合わせ、水分調整を行った後、好気的環境下で発酵させました。その後は水分調整と切り返しを適切に行い、無事に完成しました。いずれの原料も身近にあるもので、容易に入手することができます。また、環境にやさしいだけではなく、畑に施用すると土壌の物理性が改善したり、野菜の食味がアップしたりとたくさんのメリットがあります。一方、作成に手間と時間がかかり、大量生産ができないためにコストがかかる等のデメリットもあります。

 今後は、ビートルコンポストの肥効性や各野菜の栽培に合った施肥量の見極めを進めていきます。また、化学肥料を用いた場合との野菜の生育やコストの比較も調査します。そして、ある程度の野菜の収穫量を見込めた場合は、有機JASやノウフクJAS制度の認証にも挑戦していきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【岩学(いわがく)・農(の)・ダイアリー VOL.8】.pdf

寄宿舎 生活の様子

 今年度の寄宿舎生活が始まってから、約2ヶ月が過ぎました。生活が始まった当初は、緊張している様子が見られた1年生も、少しずつ生活にも慣れ、掃除や洗濯などに一生懸命取り組んでいる様子が見られました。また、余暇時間では談話室でテレビを観たりゲームをしたりするなど楽しく過ごしています。1年間の寄宿舎生活の中で、様々なことにチャレンジして頑張ってほしいと思います。

 

  

 

 

 

各種相談について

進路や就業に関することや学習・生活面についての教育相談を実施しています。

○ 障がいのある児童生徒の教育相談全般

○ 障がいのある方の学校卒業後の就業・生活に関する情報提供及び相談

○ 障がいのある方の教育・指導に携わる方への情報提供及び相談

 

障がい者雇用をお考えの企業の皆様へ

 岩沼高等学園では,職場実習先や就労を検討してくださる事業所を探しています。

 詳しくは,こちらをクリックしてください。PDFファイルでご覧になれます。

 (1) 職場実習のお願い1  職場実習のお願い2

 (2) 令和6年度 職場実習について

 (3) 令和6年度 企業を対象とした学校見学会のご案内について

   【参考】令和5年度企業対象学校見学会の様子

 (4) 令和5年度卒業生事例発表会 10月7日(土)に開催しました。

   【参考】卒業生事例発表会の様子(令和5年度) 

 (5) 令和6年度卒業生事例発表会のご案内について右今年度の卒業生事例発表会は10月5日(土)に開催予定 です

※本校では,事業所の皆様の来校をお待ちしております。
 上記の見学会以外にも,随時,学校見学を受け入れておりますので, お気軽にご相談ください。

 

【障害者雇用に関する外部リンク】

 ○ハローワークインターネットサービス/事業主の方/障害者の方の雇用に向けて

  https://www.hellowork.mhlw.go.jp/enterprise/ent_top.html 

 ○独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構/事業主の方へ(障害者雇用)

  https://www.jeed.go.jp/disability/employer/index.html  

 ○仙台市障害者就労支援センター

  https://www.sendai-wsc.jp/ 

 

(TEL 0223-25-5332 FAX0223-25-5333)